彼の車を売られちゃった悪い彼女!

彼と付き合ってて、ずーっと気に食わなかった車をついこの間売らせることに成功してしまいました!
何故気に食わないのか、それは他人からすればくだらないことなのは分かっています。
元彼女への嫉妬です。元彼女が助手席に乗った車を大事にしている彼が嫌だったんです。
なぜそこまで?と思うかもしれませんが、助手席で彼に笑いかける元彼女の写真をしっかり隠して、保存してあったんです。
だから嫉妬心を消化するための矛先が車に向いてしまったんです。
2年我慢しました。だけど助手席に座るたびにあの写真を思い出すんです。
彼からすれば社会人になって初めて買った車で、初めての彼女が乗った車です。
私からすれば気持ちが萎えるだけの車でした。
まだまだ綺麗で走行数も少ない車だったのに、15年式くらいの中古車に買い替えさせてしまったんです。
私としては乗るたびに悲しい気持ちにならなくなったので、その車が2人だけの思い出の一部になっていくととても大事に思えました。
古くたって私と居るために買い換えてくれた証であり、その事実があるからこそ彼を大切に出来るようになりました。
この車になったからこそ2人が円満になれた特別な車なのです。

車が売られてしまったあとはバイクに乗りました。バイクコーティングはしっかりとした施工をしてくれる専門店を見つけないと失敗します。千葉県のバイクコーティング専門店はおすすめです。