逆に鍵を壊したり、車内のものを盗ったりされたら耐えられるの?

車の鍵を壊され、色々と無くなっていました。
というのも、ベストのポケットに釣の道具が入っていたり、小さなポーチを盗まれたために、何が無くなったのか把握できなくなってしまったのです。
集中ロックの無い車で、自分しか乗らないために運転席の後ろの座席の当たりにポーチを置いたりして、車外からは見えないように気を付けていました。
5分ほどで車に戻ると鍵が開いていてダッシュボードから物が落ちかけていたのを今でもよく覚えています。
釣のベストを積んでいたこともあり、何が無くなって何が起きたのか把握するまでに相当な時間を要しました。
そのまま警察に電話して、署内で話をしているうちに何を盗まれたかを全て書類に必要があると言われました。
思いつくままに全部ではありませんが話しました。
話し終わった瞬間泣いたのを覚えています。
祖父からもらったアクセサリーなど高価なものではないですが思い出を盗まれ、車の鍵を直すためにお金を使い、情けなくて悲しくて寂しかったのを覚えています。
犯人は逆の立場ならどうするのかを考えました。同じように怒るのでしょう。悲しむのでしょう。犯人を憎むでしょう。

車内の様子を伺えないようにスモークフィルムを窓ガラスに貼ってあります。スモークフィルムはカーフィルム専門店で相談しています。