わたしのマイカー購入履歴

わたしは、今から約40年以上前、車の運転免許を取得したことにより、マイカーを購入することにしました。
まず1台目は、兄の紹介で、運転練習用として、いつぶつけてもいいような中古車を購入しました。
早速、兄と一緒に旭川競馬場にこの車で出かけました。帰る途中、案の定、競馬場の駐車場から出庫する際、車の右側の前頭部をコンクリート柱にぶつけてしまいました。車を購入してから1か月後の出来事でした。
次に2台目は、職場の先輩の紹介でまた、中古車を購入しました。この車もいつ廃車にしてもいいほどの古い車でした。実家に帰省する際、この車で出掛けたのですが、コンビニで買い物をしているあいだにワイパーを盗み取られ、これに気が付かないわたしは、ワイパーを動かしてしまい、フロントガラスにガッツリ傷を付けてしまいました。
フロントガラスの傷は、ちょうど運転席から見て視界を遮る場所にあり、安全運転の観点から言ってもとても許されるものではなく、あまり時間をかけずにまた車を買い替えしたのでした。
次の3台目は、今までの中古車よりは新しく、気持ちのいい車でした。
しかし、この車にはなぜか交通事故が絶えませんでした。
今思うと神社でお祓いをすればよかったと後悔しています。
そういう訳で、またまた、買い替えすることになりました。
次の4台目は、数千キロしか走っていない本当に新しい車でした。
しかし、購入した当時海の街に住んでいたため、サビによる傷みがひどかったので買い替えることにしました。
そして、いよいよわたしにとって最後のマイカーとなった車は新車でした。
この新車は13年間乗りましたが、諸事情で手放すことになったときは胸が締め付けられる思いでした。「さようならマイカー」

新車にガラスコーティングを施工して綺麗を維持して査定をよくしています。ガラスコーティングを新車時にすることで、傷の付着などがかなり予防できるものです。