ハワイで初ドライブ、初オープンカー

この前新婚旅行でハワイに行ったとき、初めて「海外で」車を借りました。
左ハンドル、左車線。日本とは違うルールにとても戸惑いました。
まず降り立ったのはハワイのカウアイ島。ハワイで最古の島と言われるこの島は、ビルがほとんどない自然に覆われた土地でした。島一周道が繋がっていないというほど、自然ありのままの姿が残る島。そこでの運転はとても開放的で気持ちが良かったです。自然と一体になっているような気持ちになりました。ただ一つ、道に電灯がほとんどありません。夜になると辺りは真っ暗で、運転するのに恐怖感を感じました。そして古間に付随しているカーナビの作りもとてもシンプル。有名どころはナビに登録されているけれど、それ以外は住所や電話番号を頼りにナビを打ち込むしかありません。ナビと現地で入手した地図を頼りに運転していました。カウアイ島は山が多い島なので、ジープをレンタルするといいと思います。
ハワイのオアフ島へも行きました。そこでは人生で初めてオープンカーに乗りました。ハワイの空と海、山々に囲まれた中でオープンカーの屋根を開けて運転するのは、何にも代え難い贅沢な時間でした。ただハワイの日差しがとても強かったので、日焼けが大変なことになりました。海に入ったので濡れた水着や洋服たちも太陽の光をたくさん浴びてすぐに乾きました。オアフ島でのオープンカー、おすすめです。

フロントガラスにプロテクションフィルムを貼って、万が一対策をとっています。カーフィルム専門店でプロテクションフィルムが施工できます。