もちろん車上荒らしが悪いのだけど、団地内の駐車場不足も問題では?

車上荒らしにあったのは、まだ子供を保育所に預けて仕事をしていた頃ですから、何年も前の話になります。
ある朝、その日もいつものように子供と一緒に保育所まで歩いて行き、子供を預け、保育所の近くに借りていた駐車場へ向かいました。

すると、なんと、運転席の車の鍵が壊されていたのです!
車内には目ぼしい金目の物は何もなくて、実際、何も盗られてはいなかったのですが。
近くの派出所に届け、仕事は昼近くまでの大遅刻、なので欠勤扱いになるは、
鍵の修理にお財布の「入れておくけれど使わないお守り」の万札を使う羽目になるは、
大損です。

鍵屋さんは「まだガラスを割られてないだけマシですよ!ガラスなら3万はかかりますよ」と慰めてくれましたが。

そもそも、保育所には近いけれど家からは遠くて、夜は周りに人目の無いその青空駐車場を借りなければいけなかったのは、
当時住んでいた古い団地に十分な駐車場がなかったからです。
総戸数に対して駐車場が少な過ぎます。
昔から住んでいる人達が使用して、たまに空きが出ても、何年も順番待ちしている人から順番ですから、
新参者が団地内の駐車場を使えるはずもなく。
人目の多い団地内ならやられなかったはずですよね。

車の塗装面を保護するプロテクションフィルムは通販でも購入可能です。プロテクションフィルムは守りたい箇所のどこでも施工が可能です。