悪質な車上荒らしと近年の対策について

車上荒らしは窃盗の一種として昔からある犯罪です。
車から離れている間に窓を割るなどして侵入され、車内の物品を盗られるのが典型的です。
私は実際に被害にあったことはありませんが、予備校に通っていたころに、予備校の講師の先生が、車上荒らしにあって授業のテキストやノートが入ったカバンを盗まれたという話を聞いたことがあり、車上荒らしは身近に起こりうることだと思います。
しかし、近年は、車の性能向上などもあり、車上荒らしに対する対策を講じることができます。
例えば、最近の車は警報システムがついており、窓を割るなどして侵入しようとすると、大音量の警報がなるようになっています。このように、車の性能上の対策が可能です。
ただ、一番有効なのは、車を使用する上での意識を変えることだと思います。
つまり、車の性能だけに頼るのではなく、車から離れるときは貴重品は必ず持ち出し、車には必ず鍵をかけた上で警報装置を有効にしておくといったように、いざ車上荒らしをされても大きな被害にあわないように対策しておくということです。
車上荒らしをしても貴重品を盗まれなければそこまでの被害ではないと思うので、車上荒らしを想定すべきと思います。

青空駐車の車は傷が付きやすいです。ガラスコーティングは傷の付着が軽減して、汚れも落としやすくなります。ガラスコーティングはおすすめです。